• 自治体の職員研修
  • 導入事例
  • プログラム一覧
自治体の職員研修

自治体職員のための研修プログラム一覧

新規採用職員研修
「ビジネス・コミュニケーション」


公務におけるマナーやコミュニケーションを体系立てて学び、「成果を上げる人の習慣」を身につける

研修のねらい・特長

・行政職員として、住民の理解と協力を得るために、また行政内部での連携を活性化する上で、もっとも重要となるのがコミュニケーション能力です。「仕事の基本は人間関係」であるという原点に立ち返り、組織に馴染み円滑に業務を遂行していく土台をつくることが必須です。

その土台となるのが、相手に受け入れてもらう自分づくりであり、その要素がマナーやコミュニケーションの基本を理解し、実践することなのです。本研修では、住民から信頼と協力を獲得するコミュニケーション技術としての「接遇・マナー」の基本を学び、市民との接点を大切にした良好な関係を築くことを狙いとしています。

・「接遇には相手あり」、その相手を意識したコミュニケーションの視点から、ビジネスマナーや接遇を捉え、良好な人間関係構築、より良い対応の仕方を指導します。

・コミュニケーションの原理原則を踏まえ、「なぜそう言えるのか」「なぜそうするほうがいいのか」といった、参加者の「なぜ」を解き明かしながら、接遇のコツ・ポイントを学習していきます

・民間と公務の違いを理解し、各都道府県、各市町村での新規採用職員研修の豊富な実績のもと、新規採用職員が迷うところ、うまくできないと感じているところを理解しながら、公務としてのマナー・コミュニケーションを学びます。

導入企業事例

事例1
M市役所
講義実習
AM1.学生から社会人へ

2.社会人に必要な聞く能力
『傾聴のステップ』

『着任時のあいさつ』
 ・ビデオ録画・再生で印象面のチェック
PM3.今求められる市民対応コミュニケーション力

4.行政業務における最新事情

5.仕事と自己実現
『基本トレーニング』
 ・あいさつ/お辞儀/名刺交換
 ・敬語演習

『電話応対』

『レビュー』
事例2
C市役所
講義実習
DAY11.今求められる接遇力

2.接遇に不可欠な聞く力

3.感じの良い言葉づかい
 ・わかりやすい説明の前提条件

4.説明の技術
 ・基本スキルと実践スキル
『傾聴のステップ』

『ビジネス敬語』
DAY24.対面応対

5.電話応対

6.報・連・相のポイント

研修のまとめと質疑応答
『対面応対のトレーニング』

『電話応対 -ケーススタディ』

『仕事の基本』

『レビュー』

他、自治体実績例

・財務省 財務総合政策研究所・神奈川県市町村職員研修所・愛知県自治研修所・東松山市役所・坂戸市役所・川口市役所・戸田市役所・富士市役所・佐世保市役所・久留米市役所・厚木市役所・東海村役場・茅野市役所・神奈川県内広域水道企業団
PAGE TOP