• 企業の教育・研修
  • 導入事例
  • プログラム一覧
  • 企業研修の現場から
企業の教育・研修

企業の教育・研修プログラム

中堅社員向け対立調整・交渉力向上研修


「対立調整・交渉力向上研修」 新人から2年目までを指導期間とすると、3年目は支援期間、そして自立へ、つまり1人前になる時期が中堅社員の位置づけというわけです。仕事にも習熟し、担当する業務の成果を上げ、今後リーダー役として活躍するにあたって必要なスキルを磨きます。
中堅社員に必要な
コミュニケーション・スキル
①関係メンバーとの調整業務
 ⇒コミュニケーションの基本(他者の期待や要求を知る=聞く)
 ⇒伝達コミュニケーションの実践トレーニング
②社内外のメンバーとの協議、調整
 ⇒対立調整に必要な考え方(交渉の基礎)
③関係者との連携を図りながら業務を遂行する
 ⇒関係を維持しながら協力を得るための説得力
☆本研修は、③「説得力」を磨くことに重点をおいたカリキュラムとなっています。
「説得力」とは、相手の行動や態度に影響、変化を与え、相手を動かすための働きかけです。今後、仕事をしていくうえで欠かせないスキルです。

Day 1

時間 研修内容
9:00~12:00 講義:「わかってもらうコミュニケーション」
-仕事は協力関係で成り立っている
-協力獲得に必要な説得力について
-説得に必要な伝達コミュニケーション
講義:「コミュニケーションの効果論」
・アイスブレイク:『伝達ゲーム』
・実習:「聞く技術を磨く』
 ・説明を支える傾聴力
 ・相手の期待や要求を知る
 ・ディスカッション:
 「日常業務(職場や顧客)の中での聞き方」

Day 2

時間 講義および実習内容
9:30~12:00 講義:「論理性を高める」
・解説:「反論への対処法と交渉への応用」
・実習:「即題スピーチ』
・実習:「現実実例」
 ・ロールプレイング
・実習:「ディベート試合実施」
昼 食 休 憩
13:00~17:00 講義:「交渉・説得の3段階」
講義:「交渉の技術」
講義:「説得・交渉の展開」
-説明の効果を上げるポイント
総括講義:「コミュニケーション力を上げる」
・実習:「ワーク」
・ワーク:自己分析「説得3つのタイプ」
・実習:「現実の説得・交渉」
 ↓
 ロールプレイング発表
・レビュー

Day 1

時間 9:00~12:00
研修内容 講義:「わかってもらうコミュニケーション」
-仕事は協力関係で成り立っている
-協力獲得に必要な説得力について
-説得に必要な伝達コミュニケーション
講義:「コミュニケーションの効果論」
・アイスブレイク:『伝達ゲーム』
・実習:「聞く技術を磨く』
 ・説明を支える傾聴力
 ・相手の期待や要求を知る
 ・ディスカッション:
 「日常業務(職場や顧客)の中での聞き方」

Day 2

時間 9:30~12:00
講義および実習内容 講義:「論理性を高める」
・解説:「反論への対処法と交渉への応用」
・実習:「即題スピーチ』
・実習:「現実実例」
 ・ロールプレイング
・実習:「ディベート試合実施」
昼 食 休 憩
時間 13:00~17:00
講義および実習内容 講義:「交渉・説得の3段階」
講義:「交渉の技術」
講義:「説得・交渉の展開」
-説明の効果を上げるポイント
総括講義:「コミュニケーション力を上げる」
・実習:「ワーク」
・ワーク:自己分析「説得3つのタイプ」
・実習:「現実の説得・交渉」
 ↓
 ロールプレイング発表
・レビュー
お問い合わせはこちら
PAGE TOP