• 企業の教育・研修
  • 導入事例
  • プログラム一覧
  • 企業研修の現場から
企業の教育・研修

企業の教育・研修プログラム

折衝・交渉力研修


対立状況を調整し、解消する力を身に付ける!良好な対人関係を継続させ、話し合いにより合意を生み出す、説得を目的としたコミュニケーションの力を伸ばすプログラム
研修の目的と特徴 話し方研究所の折衝・交渉力研修は、理解、協力を得るためのコミュニケーションスキルを習得することを目的として行います。交渉の展開前に必要な「関係形成」の理論、理解してもらうための「説明」技術、さらに、納得してもらうための「交渉の戦略と技法」について、現実の事例を使った学習とトレーニングを行います。

1.応酬話法にならない交渉の進め方
テクニック中心の交渉技術を学ぶと、型にはまった方法を繰り返すだけのやり方になってしまいます。交渉は、コミュニケーション戦略の一場面と捉え、言い返すことではなく関係を継続することに主眼を置いています。
すべての交渉は、“相手との関係性”の中で行われており、交渉を成功に導くためには、コミュニケーション戦略が不可欠です。現在、ハーバード流交渉術の最新本(『交渉の達人』日本経済新聞出版)でも紹介されている通り、関係形成にゆがみが出ると、交渉そのものが維持できなくなるのです。弊社はこのコミュニケーション戦略を専門としており、その知見を提供致します。
2.現実の交渉事例を活用したリアルな実習です
参加者が実際に直面している交渉を研修に持ち込んでもらうような事前課題を設定しています。これにより、よりリアルな交渉場面を設定したロール・プレイングが可能になり、研修によって現実の交渉を前進させるヒントが得られることになります。
おもな対象者 営業職、交渉場面の多い社員など中堅以上社員、リーダークラス

導入企業実績例

事例1
診断薬、診断機器製造・販売会社 K社
研修名

交渉力強化研修(1日コース)
対象

中堅MR職 13名
導入背景

製薬メーカーのMR職と違い、診断機器を扱い価格交渉権をもつ対象者。現場の検査技師が支持しても、事務局長が首を振らないと製品が採用されないなど、意思決定のプロセスが複雑な医療機関において、価格など条件面の交渉をしてしまいがちだが、それ以外の力(コミュニケーション力、話す力)を身に付けて、競合他社に負けない営業職を育てたいとの思いから企画。
受講者の声

  • 「価格交渉に終始しがちだったが、患者側のメリットや現場のメリットなどを明確にPRするが大事であることに気づかされた」
  • 「わかりやすい説明を常に意識し、話す力を身に付けて、競合他社に打ち勝とう、との思いを強くした」
  • 「人との関係性が仕事の成果に大きく影響することを認識した。顧客との関係性を見直す良い機会となった」
  • 「話法とは、発言の影響力を考え言葉や表現に工夫をすることと学び、発信に対して慎重になる姿勢が身についた。
お問い合わせはこちら
PAGE TOP